【2月1日大阪開催】オペラの知識を楽しく学ぶディナーコンサート

クラウドファンディングプロジェクト:【2月1日大阪開催】オペラの知識を楽しく学ぶディナーコンサート
  • 残り時間
  • 売れたチケット数
    0
  • 集まっている金額
    ¥0
0%
目標金額 ¥540,000
このプロジェクトは目標達成型です。
少し敷居は高いけれど、見れば楽しい音楽劇「オペラ」。グローバルに活躍するビジネスパーソンにとっては、必須の教養テーマでもあります。本企画は、NY在住の日本人歌手「重松みか」さんのナビゲーションで、「奏楽会」所属の実力派歌手の生演奏を楽しみながら、オペラの基礎知識が学べるディナーコンサートです。会場は「アーセンティア迎賓館」です。
    • オペラ初心者からオペラ通の方まで楽しめる企画

    • オペラのことは知りたいと思っているけれど、「どうも敷居が高い」「何から見たらいいかもわからない」と、お考えのあなた。そんなあなたがよく耳にする曲が、実はオペラの名曲だったりします。そのオペラの名曲は、本来どんなシーンで使われているのでしょうか。おいしい食事とともに、名場面の上演を聴きながら、楽しく学ぶことができます。もちろん、オペラ好きの方にも楽しんでいただけるよう、珠玉の名曲ばかりをプログラムしています。

      なおこのプロジェクトは、日本経済新聞社のクラウドファンディングサービス「未来ショッピング」の特別企画として、テイクアンドギヴ・ニーズと一般社団法人奏楽会が、共同で開催するものです。
      またこのプロジェクトは、目標達成型です。目標金額に到達した段階で開催が決定いたします。
      目標金額まで到達しなかった場合には、開催いたしません。ご了承ください。
    • 非日常的な空間での特別な体験を演出

    • 昔の貴族がオペラを楽しんだ場所は、限られた人だけが出入りを許された館のサロンでした。選ばれた人たちだけにオペラは提供されていたのです。今回の会場は、映画の一場面に出てきそうな邸「アーセンティア迎賓館」。まさに、昔貴族が楽しんでいたように、優雅な時間と特別な体験を演出いたします。この機会に、リュクスな時間を過ごし、豊かな気分に浸りながら、オペラの知識を身につけてみませんか。
    • 公演情報(日程など)

    • ■開催日 :2月1日(木)19時開演、21時30分終演
      ■開催場所:アーセンティア迎賓館
            大阪府大阪市西区江戸堀1-5-13
      ■チケット:S席/A席/B席
      ■出演  :【ナビゲーター】重松みか、【メゾ・ソプラノ】田村由貴絵、【ソプラノ】武井涼子、
            【テノール】三浦義孝、【バリトン】飯田裕之、【ピアノ】田中健、
             ※出演者のプロフィールは下記の「出演者のプロフィールについて」をご覧ください。
      ■料理  :近日掲載予定
      ■飲み物 :全席でワンドリンク付き
    • 公演のプログラムについて

    • 以下が当日に予定しているプログラムになります。
      オペラ『椿姫』より「乾杯の歌」
      オペラ『リゴレット』より「女心の歌」
      オペラ『カルメン』より「ハバネラ」「闘牛士の歌」 他
      ※都合により変更の可能性がございます。ご了承下さい。
    • 出演者のプロフィールについて

    • 【ナビゲーター】重松みか

    • 大阪音楽大学音楽部声楽科卒業。
      第24回日伊声楽コンコルソ第1位受賞、第60回日本音楽コンクール声楽部門第1位を受賞。
      文化庁派遣芸術家在外研修員としてニューヨークに渡る。全米オーディションによるサンフランシスコ・オペラ・センターのメローラ・オペラ・プログラムを経て、アドラー・フェローシップを獲得し、サンフランシスコ・オペラと2年間契約。その間、数多くのコンサートやオペラに出演。1993年、ボストン・リリック・オペラに於いて、ベルリーニ作曲歌劇「清教徒」(マリブラン版 北アメリカ初演)のエルヴィーラを歌い、国際的な注目を浴びる。その後、パリオペラ座、リヨン国立歌劇場とモンペリエ国立歌劇場、ローザンヌ・オペラ、オランダのコンセルトヘボウ、カルロ・フェリーチェ劇場、ニューヨーク・シティオペラ、ヒューストン・グランドオペラなど数多くの欧米の劇場に招待されている。

      また、日本ではリサイタルの他に読売交響楽団、大阪フィルハーモニーなどオーケストラとの
      共演も多く、クルト・マズア、ヘスス・ロペス=コボス、ゲルト・アルブレヒト、尾高忠明、広上
      淳一等、著名指揮者とエルガー「海の絵」、ファリャ「三角帽子」、ベートーヴェン交響曲第9
      番、ヴェルディ・レクイエム、モーツァルト・レクイエム、バッハ・ヨハネ受難曲など、数多くの
      ソリストを務めている。

      現在ニューヨーク在住。大阪音楽大学客員教授。藤原歌劇団団員。
    • 【メゾ・ソプラノ】田村由貴絵

    • お茶の水女子大学、並びに東京藝術大学卒業。
      同大学院修了を経て二期会オペラ研修所プロフェッショナルコース第五期修了。修了時中山悌一賞受賞。 2002年『ポッペアの戴冠』オッターヴィアで二期会デビュー。
      以降、二期会『ジュリアス・シーザー』タイトル・ロール、同『エフゲニー・オネーギン』オルガ、佐渡裕プロデュース『カルメン』メルセデスなど数多くのオペラで好評を博し、2016年新国立劇場『ワルキューレ』ロスヴァイセ、2017年『神々の黄昏』フロスヒルデに出演。

      コンサートでは「第九」を始め、マーラー「大地の歌」「復活」などの大曲、バッハ「ロ短調ミサ」「ヨハネ受難曲」、ヘンデル「メサイア」などの宗教曲のアルトソロとして高い評価を得ている。
      二期会会員。
    • 【ソプラノ】武井涼子

    • 東京大学卒業、コロンビア大学MBA修了。
      ニューヨーク留学中にジュリアード音楽院大学院にてSinging in Frenchクラスを受講。
      また、コロンビア大学声楽実技クラス単位取得。帰国後、オーディションにより正会員に
      推挙され、東京二期会に入会。

      これまでに、オペラにおいては 「魔笛」 侍女2、 「ラ・ボエーム」ミ ミ、「こうもり」ロザリンデ等を演じる。本年12月には横浜シティオペラにて木下牧子作曲 「不思議の国のアリス」 に女王役で出演予定。

      コンサートでは、クリスティアン・ハンマー指揮 「ワーグナー・グランドガラコンサート」 、 二期会主催 「クリスタルコンサート」 「サロン・コンサート」、ジャパン・アプリア・フェスティバル 「歌と絹の織りなす日本の真髄」、トラエッタ歌劇場でのコンサート(イタリア)、モンテフェルトロ・フェスティバルにおけるソシアーレ歌劇場でのコンサート(イタリア)、国連本部における日本歌曲コンサート(ニューヨーク)に二年連続で出演など、国内外で活躍。

      海外のアーティスト・プログラムにも定期的に参加。Opera as Dramaではシェリル・ミルンズ氏からは 「オテロ」 デズデーモナ役の歌唱で絶賛された。コンクール受賞も多数。ことに日本歌曲に力を入れており、デビューアルバム「日本の唄~花の如く~」がopus55からリリースされている。

      二期会、横浜シティオペラ協会、日本演奏連盟会員。カンターレ2020実行委員。

      現在グロービス経営大学院大学准教授 (マーケティング) 。ブランド論を専門とする。経済専門サイトNewsPicksのマーケティング分野Proピッカーとして二万人以上のフォロワーを持つ。そのユニークなキャリアから、ウォールストリートジャーナル、NHK 「あさイチ」 のコメンテーターなど、新聞・テレビ・雑誌をはじめ、講演会などへの登壇の機会も多い。著書 「ここからはじめる実践マーケティング入門」 は日本説得交渉学会出版賞を受賞。現在フォーブス・オンラインにて記事連載中。
    • 【テノール】三浦義孝

    • 茨城県出身。
      国立音楽大学声楽科卒業。昭和音楽大学大学院オペラ専攻修了。

      第6回横浜国際音楽コンクール声楽部門にて審査員特別賞を受賞。

      オペラではこれまでに『愛の妙薬』ネモリーノ役 『魔笛』タミーノ役 『リゴレット』マントヴァ公爵役 『コジ・ファン・トゥッテ』フェランド役等、様々な作品に出演。
      その他、宗教曲のソリストとしても出演し、好評を博している。

      2015年より自身が代表を務めるミラーコロ音楽事務所で、懐かしの童謡や唱歌をグループで歌う大人のための音楽教室 『楽しく歌おう!日本の歌』 を関東を中心に開講し、約1000人の生徒と一緒に楽しく歌声を響かせている。

      声楽を角田和弘、折江忠道、川村敬一の各氏に師事。

      ミラーコロ音楽事務所代表。東京シティオペラ協会会員。藤原歌劇団正団員。
    • 【バリトン】飯田裕之

    • 東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。
      ドイツ、ウィーンのセミナーにてディプロマを取得。

      また数多くの音楽祭に出演。大学卒業後は、根っからの芝居好き・舞台好きの性格によって、これまでに90作品・240公演以上のオペラ・オペレッタに出演。二枚目役からコミカルな役まで幅広く演じる中でも、軽快で機転の利いたモーツァルト作曲 『フィガロの結婚』 フィガロ、どことなく憎めない誘惑の悪魔であるグノー作曲 『ファウスト』 メフィストフェレスは、特筆すべきものとして観客を魅了してやまない。

      現在は、オペラ出演と並行し、軽妙なトーク、涙あり笑いありのプログラミングという彼の世界観を存分に楽しめる 『飯田裕之バリトン・リサイタル』 を活動の中心に据えている。
    • 【ピアノ】田中健

    • 東京音楽大学卒業。同大学院伴奏科修了。同大学声楽科伴奏助手として9年間勤務。サントリーホール・オペラアカデミー第2期修了。

      主に声楽分野の共演ピアニストとしてニューヨーク国連本部「日本歌曲コンサート」、「アイメイト・チャリティーコンサート」、丸の内「ラ・フォル・ジュルネ熱狂の日音楽祭」、梅若能楽堂「歌と絹の織りなす日本の真髄」、「第89回ぐるーぷ・なーべ演奏会」など、各地のコンサートで佐野成宏、中嶋彰子、をはじめとする様々なアーティストと共演やCD録音に参加している。

      また東京交響楽団附設コーラス、東京混声合唱団、信州駒ヶ根高原音楽祭、まつもと市民オペラ、などの音楽スタッフやピアニストを務める。

      長野県新人演奏会に出演。
      第6回日本アンサンブルコンクール歌曲デュオ部門第1位。第1回ウィーンオペレッタコンクール最優秀伴奏者賞受賞。
    • テイクアンドギヴ・ニーズについて

    • 1998年の創業以来ブライダル業界に「ハウスウェディング」という市場を創り出し、「人の心を、人生を豊かにする」という企業理念のもと、徹底した理念経営に取り組んでまいりました。ひとりひとりが持つ、それぞれの時間を「幸せな瞬間」にかえるプロフェッショナルとして、みなさまの「時間」を「思い出」とするお手伝いができれば幸いです。
    • 奏楽会について

    • 一般社団法人「奏楽会」は、クラシック音楽芸術、ことにオペラが広く日本で受け入れられることを目指して設立されました。高いクオリティはもちろん、何よりも、お客様がオペラの醍醐味を味わえる公演の上演による、日本のオペラ界のより一層の活性化を目指しています。活動に賛同くださる日本を代表する歌手の皆様(佐野成宏、高田正人 等)によるフレンチレストランでのディナーショウや、各種イベントやパーティーでの声楽を活用したコンテンツ企画とその実施、有名演出家の演出によるオペラの上演などを行っております。私たちの公演や演奏で、ぜひ華やかなオペラの世界を体感していただければ幸いです。
    • 会場までのアクセス

    • 会場はテイクアンドギヴ・ニーズが運営する結婚式場「アーセンティア迎賓館」になります。

      住所  :大阪府大阪市西区江戸堀1-5-13
      最寄り駅:四つ橋線肥後橋駅8番出口すぐ(四つ橋筋沿い)
           各線大阪駅・梅田駅より徒歩10分
      駐車場 :有(無料)

出品者のプロフィール

C80752d4c60889135d3bce22dd3255f7f619bb4b

株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ

1998年の創業以来ブライダル業界に「ハウスウェディング」という市場を創り出し、「人の心を、人生を豊かにする」という企業理念のもと、徹底した理念経営に取り組んでいます。挙式施行数が年間18,000組以上と、日本で1番結婚式を手がけているブライダル企業です。
お問い合わせ
販売チケット

販売チケット一覧

日本経済新聞社が運営するクラウドファンディング
未来ショッピング Powered by ENjiNEで あなたの企画を実現してみませんか?

プロジェクト掲載をご検討の方はこちら